留学生の皆様へ


登録と各種申請

・外国人登録 PDF
・外国人登録−居住地変更登録案内 PDF
・在留資格変更許可申請 PDF
・在留期間の更新 PDF
・留学生の資格外活動 PDF
・再入国許可申請書 PDF
・在籍確認 PDF
・奨学金 PDF
・留学生授業料減免制度 PDF

資格外活動許可に関するお知らせ

留学生のみなさんへ

 従来、留学生・就学生のアルバイトのための資格外活動許可は、「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」にいう、収入を伴う事業を運営する活動又は報酬を受ける活動で風俗営業もしくは店舗型性風俗特殊営業が営まれている営業所において行うもの又は無店舗型性風俗特殊営業若しくは映像送信型性風俗特殊営業に従事するもの、を許可の対象外としていましたが、同法が改正され、平成14年4月1日から施行されたことに伴い、同日以降は、資格外活動許可の対象とならない活動の範囲が次のように変更になりましたので、アルバイトを行う際は十分気をつけてください。


資格外活動許可の対象とならないアルバイト

1.風営法第2条第1項にいう「風俗営業」が営まれている営業所において行う活動
  例:客の接待をして飲食させるキャバレー・スナックなど、店内の照明が10ルクス以下の喫茶店・バーなど、麻雀屋・パチンコ屋・スロットマシン設置業などで行うアルバイト

2.風営法第2条第6項にいう「店舗型性風俗特殊営業」が営まれている営業所において行う活動
  例:ソープランド、ファッションヘルス、ストリップ劇場、ラブホテル、アダルトショップなどで行うアルバイト

3.風営法第2条第7項にいう「無店舗型性風俗特殊営業」に従事する活動
  例:出張・派遣型ファッションヘルス、アダルトビデオ通信販売業などに従事するアルバイト

4.風営法第2条第8項にいう「映像送信型性風俗特殊営業」に従事する活動
  例:インターネット上でわいせつな映像を提供する営業などに従事するアルバイト

5.風営法第2条第9項にいう「店舗型電話異性紹介営業」に従事する活動
  例:いわゆるテレホンクラブの営業などに従事するアルバイト

6.風営法第2条第10項にいう「無店舗型電話異性紹介営業」に従事する活動
  例:いわゆるツーショットダイヤル、伝言ダイヤルの営業などに従事するアルバイト